株式会社浜口

リフォームについて

暮らしのリフォーム

キッチン

収納性や掃除のし易さなど、機能性に優れたキッチン

毎日使うキッチンのリフォームポイントは調理の為の動線にあります。
作業効率・動線をふまえることでライフスタイルに合う使いやすいキッチンを目指すことが出来ます。
その為には、収納・ゴミの保管スペース・使う人の高さに合わせる等キッチンをトータルで考えてみられてはいかがでしょうか。

浴 室

狭いスペースを考慮したバスタブや開放感あふれる広々したバスタブなど、様々な御要望にも対応

快適で使いやすいお風呂にするには、普段使っているお風呂の不満な点を前もって考えておく必要があります。
例えば
・水垢がたまりやすい
・湿気のせいかカビが生えやすい
・お風呂のタイルが滑りやすくて危ない
・冬間のお風呂場は寒いなどが考えられます。

水垢の問題は汚れが落ちやすいタイプの材料を使った浴槽やタイルを、湿気や冬間の浴室の寒さにお悩みの方は浴室暖房機などの導入等がポイントとなります。
浴室には体を清潔にする場所から1日を締めくくるストレスを癒す空間、家族とのコミュニケーション空間、使いやすい空間の付加価値が求められています。
ご不満な点と合わせて3つの空間をふまえた浴室をご検討頂くのもいいのかもしれません。

トイレ

清潔で快適なお手洗いにしたい方にお勧め!家計にも優しいトイレ

トイレで最も重要なのは「清潔さ」です。
誰に見られても恥ずかしくないトイレを「維持しやすい」トイレにリフォームしましょう。
各社の商品では汚れが付きにくい・独自の洗浄方式で汚れを落とすもの等があり、合わせて家計にも優しい節水や節電タイプも出ています。
また床材や壁材にも耐水性やアンモニアに対しての強さがある等、掃除しやすい素材を選ぶことで心地よい空間が維持することが出来るでしょう。

洗面所

1日の始まりを気持ちよく迎える洗面台

洗面台はトイレと同様、家族全員が毎日使用する重要な場所です。
洗面台は用途の多様化に伴い単に手や顔を洗うものだけからメイクアップ空間の中心としてまた洗濯空間の機能的な役割も求められてきています。
収納面も考慮し、限られたスペースを有効活用できる洗面台を選ぶのがポイントです。

内装のリフォーム

増改築・内装と切っても切り離せない床材や内装材

増改築・内装リフォームに踏み切るのだから、「今の内装や家の構造に不満や問題がある」という事になります。階段をリフォームしたいと思う方は、きっと階段の構造が上りづらいものだったり、不便に感じている方でしょう。逆に別に不便に感じないという方は、おそらくデザイン的なものを変えたいからなのだと思います。構造に不満がある場合は掛け替えからし直さなくては問題は解決しませんが、傷が気になるなどの外見の問題ならばリフォーム用の階段材を使えば見た目は新品同様なります。「手摺が気に入らない」という方は手摺だけを付け替えればいいことですし、何もかも建替える必要はないはずです。しなくていいリフォームは極力抑えて予算内でしっかりリフォーム出来るよう考えましょう。

ドア・玄関・エクステリア

「住宅の顔」ともいえるドア・玄関・エクステリアのリフォーム

玄関の困り所は
・みんながよく利用するので汚れやすい
・靴や傘などが結構場所をとるので狭くなりがち
この2点が主ではないでしょうか。その場合は、靴や傘をたっぷりしまえるような玄関収納の設置や、掃除の時に掃除のし易い溝のないタイプの床材を検討するといいでしょう。お年寄りや足腰の弱い方が済んでいらっしゃるお家で段差のある玄関の場合などは、式台を設置すると喜ばれます。

室内ドアのリフォームをする際にはデザインだけでなく開き方や機能にも注目して計画すると暮らしの快適度が上がります。
開き戸・引戸・折れ戸など様々なスタイルがありますのでそれぞれの部屋の機能に合わせて選ぶとよいでしょう。

お庭で洗濯物を干しているお宅を見受けますが、物干し竿が見えない様にガーデニングを利用して隠してしまうようにするのもいいかもしれません。プライベートな部分を隠す事でより外観も見栄えがよくなるでしょう。